事業承継の際の後継者選びとリスクについて

ウーマン

フランチャイズでの利点

お店

店舗開業を行なう上で問題となるのが、開業後の広告と店舗経営の方法でしょう。フランチャイズ契約をすることで、広告を本社が代行して行なってくれるほか、経営ノウハウについても指導が受けられるので、開業後もしっかりと経営ができるようになるでしょう。

もっと読む

メリットのある会社

女性

スムーズに会社売却を行なうためには、売却する会社にどんなメリットがあるのか確認しましょう。会社を買い取る側の気持ちになって、会社売却のどんな点にポイントを当てればよいのか考えましょう。

もっと読む

不動産の選び方

店舗

貸店舗を借りる時には、自分の希望する条件をいくつかピックアップしておきましょう。不動産屋さんと相談して決めるのも良いですが、実際に貸店舗を見学し、本当に借りたい物件なのか確認しましょう。

もっと読む

何を継承していくか

オフィス

事業承継は、会社を続けて発展していくために後継者へと引き継がせることをいいます。これまで会社が培ってきた会社の実績や財産を後継者に引き継いでいきます。事業承継では、人と会社の財産を受け継ぎます。働く会社の社員や取引先様との信頼関係をまかされるので、リーダーシップがあり信頼できる人が後継者に必要です。また、会社の経営権や支配権の確保を行なうために、会社の資産を継承します。中小企業の場合、経営者の個人資産を事業に使用している場合もあるので、経営者の家族での財産分与を考えた時にややこしくなります。家族の誰かが後継者となった場合、他の家族に財産が分散してしまうので、後継者以外の人に財産を分散させないためには、現金の資産を用意することで問題を解決することができます。後継者が決まった場合でも、多額の相続税が課せられるので大きな負担とリスクを負う可能性があります。後継者は、大きなリスクを抱えることになるので、リスクを抱えても会社のために今後の仕事を行なっていけるのか、経営方法についても考えていかなければなりません。さらに、後継者は取引先様と信頼関係を築いているような人物を選ぶと今後の取引に有利になるでしょう。事業承継のために、スムーズに後継者を選ぶためには、早いうちから計画的に後継者を教育しましょう。また、後継者のリスクを少しでもなくすために自社株式や事業で使用する資金を事業承継前に用意しておくことも重要です。リスクを怖がらずに会社の発展のために頑張れる人を選びましょう。

Copyright © 2016 事業承継の際の後継者選びとリスクについて All Rights Reserved.